Main | March 2005 »

February 2005

February 28, 2005

たんじょうび。

今まで過ごしていた誕生日は、ことごとく自分を甘やかす日であった。
勤めている時であれば休暇をとり、退職してからは家事をせず、たいていその日には、美術館へ行く。

お目当ての展覧会がない場合は、空間自体が気に入っている美術館へ足を運ぶ。
そこでミュージアムショップを物色し、今後の展覧会情報などのチラシをどっさりともらってきて、カフェで友達に手紙を書いたり、もの思いにふけったり。
東京都庭園美術館
BUNKAMURAミュージアム
国立近代美術館
東京ステーションギャラリー
たいていはそのどこかにいた。

今年の誕生日は、こどもがまだ小さいからそうもいかない。でもきっと来年は、はると一緒に美術展に出かけているのだと思う。

私にとっての「誕生日」はこと特別な日なので、そのときに見る展覧会には、ある種そこからはじまる1年の期待のすべてをかけているため、選定基準はおのずと厳しくなる。そんな中、きっと生涯忘れえない展覧会がある。
2年前の、国立近代美術館での展覧会だ。
いわゆる現代アートの展覧会だった。
例えば、床一面に正方形に撒かれた黄色い花粉。
正方形の輪郭は曖昧に床に溶けて、黄色い花粉はヴィヴィッドなのに柔らかい色彩を目に突き刺してくる。見つめれば見つめるほど、わからなくなってくる。時間や、現実のことや、その他のなにもかもが。輪郭をずっと見つめているときの感覚は、朝まだきの夢とうつつを行き交う気分に似ている。そして、床の方が現実なのか、花粉の正方形の方が現実なのか、一瞬の混乱。こころそのものにスクランブルをかけて再構成される。なにかとてもピュアなものが自分の中から抽出されて、こころの中に「好ましい場所」を作り上げてくれる。
会期中、なんども足を運んだ。
(参考:ウォルフガング・ライプ展)

これから先、どんな素敵なものに出会えるのか。
そう思うと、ますます年を重ねるのが楽しみになる。

<蛇足>
ちなみに、今年誕生日に出かけるとしたら、
ミュシャ展(東京都美術館)
食と現代美術(BankART1929)
のどちらかだったと思う。
ミュシャ展は既に観てきた。財団秘蔵の品がたくさん出ていて、チェコから出ないだろうと聞いていた15年ほど惚れ込んでいる絵の現物にとうとう対面!感涙でした。BankARTの方は今週末にボランティアスタッフ参加を希望中。どんな展覧会なのか楽しみだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2005

天使の棲むホテル 3

開業80年ほどのこのホテルに残る、当時から使われている調度品には、天使が棲む椅子がある。
マホガニーに彫られた、木の天使だ。
表情は柔らかく、こどものようにもおとなのようにも見える。

天使とは、そのようなものなのだと思う。
こどものように純粋なだけではなく、すべてを知っている長老のような部分も持ち、こちらには直接介入してくることなく見守り、ときにこっそりと手を差し伸べる、それも、こちらがわからないように。

椅子は、何度も何度も座面を張り替えて大事に磨かれているのだろう、古き良きものだけが持つ独特の奥ゆかしい輝きを放つ。座ることができず、ただじっと見つめる。目を細めて。

彼自身はたくさんの人々を見つめてきただろう。そのたびにこっそりと、気づくかどうかもわからないくらい小さな幸せをプレゼントしているに違いない。

もしあなたが何か変化や小さな幸せが欲しくなったのなら、私達のように何の下準備もなく出かけてみると良い。
この天使の棲む、老舗のホテルへ。

050223_113401

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2005

天使の棲むホテル 2

平日の1泊旅行は、日常の中で見つける、非日常だった。
仕事を終えて夕方からホテルにチェックイン。荷物も、こどもの着替えやオムツ、ミルク以外はほとんどない。電車で15分という移動時間の短さも手伝って、手軽なのに、充分リッチな気分を満喫できる。

使い古された言葉で言えば、心の洗濯。

朝になり、立ち並ぶ街路樹が風にそよぐ微かな葉ずれの音。
船の出港を伝える汽笛。
カフェでとる遅めの朝食。
繊細な昔ながらの飾り出窓に腰掛け、銀製のポットから注がれるあついカフェオレ、厚さ1センチもあろうかというパンに挟まれたクロックムシュ、上下のパンにはじっとりとバターが染み込み、こんがりキツネ色の表面はさくさくとした歯ごたえで、軽くあぶられた柔らかなハムと、どこまでも伸びるチーズ、ホテルメイドのシュークリームは甘すぎず濃厚なカスタードが舌に絡みついたかと思うと口腔一体をバニラの香りで満たす。
…その先は、表現しようもない。

その昔、マッカーサー提督が、新婚旅行でこのホテルに泊まったとか。
その時代を思い出させる高い天井と、東洋と西洋の融合を意図しているであろうエキゾチックな女神たちが楽を奏でる意匠の欄間。鳥たちが自由に飛ぶ様を織り込んだカーペットは一歩一歩の足取りを優しく支える。
050223_113601

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 25, 2005

天使の棲むホテル 1

そのホテルは、憧れの場所であった。
いわゆる老舗の名ホテルというのだろうか、港に面して建てられた姿は欧羅巴を思わせる少々無骨な石造り。1階にあるカフェの赤いひさしが灰白色の壁面に映えて美しく、そこだけを見つめていると、どこかの異国に紛れ込んだかのような気分に浸れる。
それに、なんといってもシュークリームが絶品との噂が、私の心を捉えて離さなかった。

誕生日をそのホテルで過ごそうと決めた。突然に思い立ってのことだから、遠出こそできないけれど、電車で15分の旅も捨てたものではない。地元に帰省することを除けば、初めての家族旅行。
直前なら直前の良いこともあるようで、お目当てのホテルは信じられない価格で予約が出来た。ガイドブックなど事前の情報収集もさほど行わない中、人から勧められた「美味しい」中華料理店を探索したり、春節(中国のお正月)のお祝いのグランドフィナーレを飾るべく、ちょっとだけ街がそわそわしている感じも良かった。

ホテルからは、港がよく見えた。
ハーバー・ライトというのだろうか、港の夜景は岸沿いに立ち並ぶ建物の明かりのほか、海を横切っていく遊覧船のライトも美しく、幻想的でずっと見ていても見飽きない。どこかから霧笛が聞こえる。
050223_114301

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2005

おとなの恋心。

最近、おとなの恋心についての本を読んだ。
好きな作家が編んだアンソロジーである。
9本の短編小説が収められていて、どれも、恋にかんするような、あるいはそういった心もちに似たような状況を語ったものだ。好きな作家が好きな作品というものを読んでみたいと手にした本だったが、正直なところ、ここしばらく、「恋愛小説」という分野は苦手だったため、少し躊躇した。

しかしながら、この本は違っていた。
いわゆる恋愛小説というと、男と女が出逢って、片方か両方が好意を持って、その後ふたりの関係について云々と書かれていくものを連想した。
しかしながら、この本は違っていた。
もちろんそういった話もあるのだが、大部分はそうでもない。例えばそこに淡々と書かれているのは、カブトムシの短い生涯と、そのカブトムシをこどものようにかわいがる夫婦の話であったりする。また他の場合では一見いわゆる恋愛小説かと思いきや、最後の土壇場であっという間にそうではない結末に視点をずらされる。

そうは言っても「恋愛小説」と言われると、そのような気もしてくる。
そんな本だ。

案外、おとなの恋心というものは、単に男と女が出逢って片方か両方が好意を持ってその後ふたりの関係について云々、というものでもないのかもしれぬ。

『感じて。息づかいを。』
川上弘美選
光文社文庫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2005

はるのコート。

coatコートを作った。
裁縫は昔から苦手科目のひとつなのだけど、一念発起して、昨年末ミシンを買ってもらった。
ほかにも、いろいろなものを作ったので、徐々に掲載していこうと思う。

これはチョコレート色の厚地ウールで作ったフードつきコート。フード部分の裏布には、イギリスのリバティ社の生地を使った。つるつるして、肌触りがとっても良い。柄も気に入って入手したのだけど、気に入りすぎてなかなか使えないという弊害もあり、こども服にちょびっとずつ使っている。

NYでこども服のブランドをしている人の本から作った。それはそれは素敵な本で、どの服もシンプルなのに素敵(その分難しい…?)。オリジナルはダブルボタンで、1歳児用型紙を使ったのだけど、はるは結構大きいためダブルボタンは不可能で急遽シングルにデザイン変更。しかしそれでも、一番上のボタンがなかなかとめられない。しもぶくれさんなのだ。なんとかとめて撮影したものの、苦しいらしく、泣き出してしまった。
以来、ほとんどはおるだけの状態で活躍中だ。
春間近。
もうすぐでお役御免だね、コートくん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2005

ママンのポッケ

050221_104801はるがうちに来てからポケットつきの上着を着るようになった。さまざまなものがさっと取り出せて便利なのである。

「ママンのポッケ」には、三種の神器よろしく、指人形とタマゴぼうろと携帯電話が収納されている。
おでかけ中、はるがむずかったら、この中のどれかを取り出して持たせる。

特に効果テキメンなのが、タマゴぼうろ。ただし、ひと粒が終わるごとに「うーっ!!」とサイレンがなる。
次は、携帯電話。おこさま番組の着メロなどをあらかじめダウンロードしておいて、持たせる。ただし、これは音を鳴らすので、外をお散歩中のときじゃないと使えない。また、マツケンサンバがお気に入りのはるのために、この曲を鳴らしていると、通りすがりの人がすれ違いざまにチラリとこちらを見ていくという恥ずかしい点もある。
一番長い時間、そして一番静かに遊んでくれるのが指人形だ。効くときと効かないときがあるという難点もある。

ポケットをぱんぱんに膨らませて歩くのは、こどもの頃に戻ったみたいで少し楽しい。
はるが自分で歩くようになったら、ふたりで大きなポケットのついた洋服を着て、そこにぱんぱんにおもちゃやおやつをつめて、お散歩しよう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 21, 2005

オズワルド。

050221_103102キャラクターものは、家に絶対持ち込まない。
それが私の信条だった。

しかし、過去形である。
さすがに日本のアニメものはないのだが、海外のアニメ関係は、少しずつ我が家を侵食しつつある。いただきものから始まった、キャラクターの王道ディズニー、クルテク(もぐらくん)、オズワルド。あるとき、こどものために、と言いつつ自分が欲しくなっているのに気づいた。

オズワルドは、タコだ。
そこがセンセーショナルだった。かつてタコを物語の中心に据えようなどということがあったろうか?しかも子供向け番組で、アニメーションで。しかもタコの飼っているペットは、ホットドッグだ。親友は几帳面なペンギンとアクロバット好きなひなぎく。出てくるキャラクターはどれもかわいらしく、クセがありながらもみんな良心のひと(ひとじゃないけど)。時計やにんじんの形の町並みや、道路を走るレモンやカップケーキの車。そしてその色彩全部が、ポップでやさしくて、見ている方もやさしい気分になれる。
早速DVDと非売品指人形をオークションで競り落として、こどもに与える。

はるにははるなりにこだわりがあるようで、ウィニー(ホットドッグ)しか舐めないし、オズワルド(タコ)しか投げ飛ばさない。
だが、その彼が今一番すきなのは、薬局でおまけにもらった機関車トーマスの風船。トーマスがあってもなくても彼は風船を好きなのだと思う。キャラクターじゃなくて、その「もの」の持つ力を見ているんだろうなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2005

はるのおきにいり。

はるがあそんでいるWebサイト。


NHK 『いないいないばぁ』
「かくれんぼ」がだいすき。ちなみに、はるのおきにいりは「うーたん」。
http://www.nhk.or.jp/kids/inai/index.html

NHK 『にほんごであそぼ』
いろはの歌がお気に入りです。
http://www.nhk.or.jp/kids/nihongo/index.html

NHK 『ゆうがたクインテット』
「めくってあそぼ」が大うけです。
http://www.nhk.or.jp/kids/quintetto/index.html

NHK KIDS WORLD
NHKの幼児番組ページトップ。
http://www.nhk.or.jp/kids/index.html

ディズニー あそぼう!
まだ少し早いのだけど…親子で遊べるサイト。
http://www.disney.co.jp/disneyonline/play/

東京ディズニーランド エレクトリカルパレード
むずかったらとにかくコレ。わくわくの音楽に、ごきげんになります(単に賑やかでびっくりしているのかも?)。
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdl/japanese/dreamlights/dre_floatf1.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2005

テオくんと。

050215_171401近頃我が家の仲間入りを果たした、テオくん。
彼は、茶漉しである。
そのまあるい感じのフォルムとやわらいだ表情に、こちらもほっとする。
それでいてなかなかのサラブレッドである。
生まれはイタリア、アレッシ社。

すこしだけ微笑をそそるのは、その格好からなのか、表情からなのか、あるいは彼がひとりいるだけで家の中をすっかり和ませてしまう雰囲気からなのか。

テオくんを使いたい一心で茶葉でお茶をいれることが多くなった。

カップのふちにテオくんをかけて、彼が両手にかかえ持つ茶漉しにお茶をそそぐ。
ゆらゆらした湯気の向こうに、嬉しそうな表情のテオくん。

彼がひとりいるだけで、極上な時間が簡単に生まれてしまう。
音楽とお菓子があれば、もう、完璧。
完璧にやわらぐ時間なのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2005

サファリパークの夜。

夜泣き、というほどではないけれど、最近ときどきはるが、夜になると啼きだす。
泣きはしない。
啼く。
甲高い声で、キャアーア、キイー、ギャーウ。
機嫌が悪いふうでもなく、特別良いふうでもない。
理由はわからないのだけど、よく啼く。啼いて啼いて啼いて、ぱぱが帰ってくるまでそれは続く。
はるはぱぱが大好きで、帰宅を知らせる玄関チャイムが鳴るとニコニコして両手両足をばたつかせる。
そこからは、啼かない。

これは彼にとって、一種の遊びか何かなのだろうか?
声を出していることが面白いのだろうか?
育児書をひもといても、「機嫌が悪かったり、他に気になる点がなければ大丈夫です」。
大丈夫なのか、と思いながら、私はまたひとりでサファリパークの夜を過ごす。

そのうち、近くにある動物園に連れて行ってあげようと思った。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 17, 2005

春の色。

strawberrymilk離乳食が始まって、2ヶ月半が経った。
近頃は初期に比べていろんなものを食べられるようになってきた。とはいえ、水分が多く含まれているものでないと、うまく食べられないようで、作る方もちょっと気をつかう。

初期にはベビーフードも時折使っていたが、最近はほとんど手作りだ。
大人が食養生するなら、こどもも食養生だよなぁ…と思ったのと、すっごく丁寧にすりつぶさなくても飲み込めるようになってくれたので、作る方も楽になったから。うちにある離乳食づくりの道具は、ちっちゃなすり鉢とすりこぎだけだ。やっと最近はなんでもほとんどこれで済んでしまうようになった。それ以前は、すりつぶしたあとに裏ごししたり、ひと仕事だったのだ。ちょっと作っても、2回~3回分になるので、フリージングして使う。

そんな矢先、わたしの大好きないちごの季節がいよいよ到来。
まだ少し酸味が多いけれど、いちごフリークはそんなのも時の移ろいにあわせて楽しむので、お構いなし。
このいちごの美味をはるにも食べさせてあげようと思い、すりつぶしてヨーグルトに混ぜたら、水分が多くのむヨーグルトになった。はるも喜んで食べる。

きれいなピンク色。
はるが服やよだれかけにこぼすしずくも、きれいなピンク色。
春、だなぁ…
と思ったらいつのまにか、目の前からベビー用のマグカップが消えていた。

カーペットに春をまき散らすはる。
ああ…若草色のカーペットにさえ映える春色の、もの悲しいことよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 16, 2005

おやこ食器。

utsuwa生活の中に、ひとり参加者が増えたことを実感する出来事があった。久しぶりの外食のとき、店に入るなり店員が、「3名様ですね」。そうだ、そういえば3名だ。
こんなに小さくても1名、ちゃんと1名なんだ、と思い、妙に納得をした。

そこで思い立って、ちゃんと食器を揃えることにした。
ベビー用食器は、いただきものやら自分で買ったものやら、なかなか立派なのがある。
でも、どれもこども扱い、「ちゃんと1名」じゃない。

ちょっと遠いお気に入りの店まで足を伸ばして、いろいろな器から選んだのが、この木の器。
軽くて、手なじみも良く、持ったときにほわっと気持ちがゆるむのが気に入った。
3サイズあるのもいい。
おとな用には、大きいのはごはん用に。中くらいのはお汁物か小鉢用に。
こども用には、中くらいのをごはん用に、小さいのをお汁物か小鉢用に。
北欧家具を中心に揃えているお店だったので、これも北欧ものかと思いきや、
なんと会津漆器だという。

少したて長の、無駄のないフォルム。やわらかな手ざわり。
モダンで繊細なこころもちは、日本のこころであったか。
ものを見る「目」なんて持っていないけれど、とても素敵な発見ができた気がした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2005

テレビの魔力。

050214_153601はるには、お気に入りのビデオ・DVDがいくつかある。
ひとつは、ディズニーの「シング・アロング・ソング」。
タイトルの通り、音楽がメインになっているシリーズで、ディズニーの映画やアニメーションで使われている音楽をまとめたもの。制作はいまから10年も前らしい。
もうひとつは、NHKの番組「にほんごであそぼ」。
野村萬斎やコニシキがこども向けに日本の名文を語る(?)番組。番組は今も放映している。

真剣に画面を見つめているかと思うと、一緒になって歌いだしたり、台詞をしゃべっていたりする。
お気に入りがいくつかあるらしく、ディズニーではピーターパンが好きだし、にほんごであそぼに登場するつばさくんという男の子の大ファンで、画面に登場すると嬉しそうに笑う。
こんな小さなこどもには、古いも新しいも、流行も流行おくれもなくて、純粋に好きか、そうでもないかのどちらか。
大人の世界よりも、ちょっとだけ、居心地がよさそうだ。

幼児にテレビを見せることの弊害なども問われている今だけど、私たち親子には遊びのネタがつきた時にとても重宝するアイテムだ。一緒に歌ったり、踊ったり、抱っこしながらぼーっと見たり。さらにありがたみを感じるのは、爪を切るときだ。赤ちゃんの爪はちいさくて、おまけに手をよく振り回すし、はさみを掴もうとさえする。ビデオに夢中になってくれている間は、爪を切っていても全然気づかない。

こんなちいさな、理屈もなにもわからないこどもの心をひきつけるものって、すごいと思う。
しかし、8年も自分の部屋にテレビをおかなかった私のこどもが、こんなにもテレビ好きになるなんて夢にも思わなかったです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 14, 2005

はるくんクエストも…

おまけのお遊びゲーム「はるくんクエスト」もできました。

【はるくんクエスト】
http://avg-maker.com/177467.html

コメントがアジアB級映画ちっくで気に入っています。


これも占いも、簡単につくれます。

こちらから、あなたのとっておきを作って、ぜひ教えてください。
●アドベンチャーゲーム ツクレール
http://avg-maker.com/
●インスタント占いツクレール
http://u-maker.com/

| | Comments (2) | TrackBack (0)

最近てがけたもの。

【イベント企画】
 *恋するハーブ(仙台市)
 *HERB AND CRAFT 1 day school(仙台市)

【デザイン】
 *恋するハーブ;フライヤー2月 3月 /配布パンフレット/販売商品ラベル・インナーパンフレット
 *HERB AND CRAFT 1 day school;DM(夏) DM(秋) DM(冬)

【Webサイト運営】
 *HERB AND CRAFT
 *HERB AND CRAFTハーブスクール@Web (会員向け)
 *恋するハーブ ブログ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2005

はる占い。

「はる占い」ができました。

あなたをはるのお気に入りのものに当てはめると…??

いきぬきの時に、楽しんでみてください。

【はる占い】
http://u-maker.com/109132.html

結果もきかせてね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

チョコレートがおいしい日。

chocolat朝のつめたい空気が、おいしいときがある。
いつだってそれは自然からもらう一番のごちそうなのかもしれないけれど、
その恩恵をこうむっていること自体を忘れているほどの、当たり前なことだ。

それが、そうでもない日がある。

天気が良い、冬の朝。とくに休日。
その空気はまた、格別なのである。
近くに木らしい木もないのにちゃんと聞こえてくる鳥たちの声や、まだ眠りの中にいる家族のおだやかな呼吸。活動しだした町の、お店のシャッターが開く音、バスの走る音。
そういった「いつもの音」のひとつひとつを、音楽のように聞き入ってしまう日。
そしてそのどの音も、きっといつもと同じに違いないのに、ウィークデイとは違ってにこにこしているように感じられる日。

窓をあけると、つめたいつめたい空気がいっせいに部屋の中に流れ込んで身震いをするけれど、そこを暖かいカフェオレと、チョコレートで迎えうつのが実に心地よい。
こんな朝には、なんの変哲もないチョコレートが、とびきりのごちそうのように思える。
つめたいつめたい空気が部屋に、「にこにこ気分」を届けてくれる気がして。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 11, 2005

おやつのじかん。

050201_175601

はるに歯が生えた。
以来、離乳食の時間以外に、おやつのじかんを設けている。

まいにちのテレビタイムが始まり、ちょっとずつ薄暗がりになっていく頃の「おやつじかん」は、私自身の楽しみでもあるのだけど、はるも楽しみにしてくれているようだ。

7ヶ月児なりにこだわりがあるようで、面白い。
赤ちゃんせんべいは野菜の入っているものを好むし、にんじんとほうれんそうの練りこんであるタマゴぼうろは、にんじんの方がお気に入りだ。

本当かどうかわからないけれど、甘いおやつをおかあさんと一緒に食べる経験は、優しくて思いやりのある子供を育むという。少し大きくなったら、ふたりでおやつづくりを楽しもうとおもう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

手抜きしたくて。

ホームページの更新がとまっている。

9月17日から、電脳空間で息子は育っていない。
忘れていたわけではないのです。
ただちょっと、凝った作りにしてしまったために、
更新するのがちょっとした手間なんです。

それでも最初の頃は結構楽しくてやっていたんだけれど、
生後2ヶ月で止まっている電脳空間の息子と、現物とは随分差が出てきて、
育児して仕事して家事して、あとは寝る時間くらいしか残っていないのである。

そういうわけで、
このたび、こちらに引っ越しました。
よかったらブックマーク設定、こちらに変更してください。

だって、記事書くだけでよいから、とっても楽なんだもん…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | March 2005 »